歯周病治療の流れ

歯周病セルフチェック

■歯磨きをしていると歯ブラシに血がつく
■口臭がある
■歯がしみる
■歯がゆれる
■歯と歯の間にすき間があいた
■歯科医院で定期健診を受けたことがない


このような症状がみられる方は歯周病にかかっている可能性が高いです。

 

歯周病とは?

 

以前は「歯槽膿漏」(しそうのうろう)と呼ばれていた病気で歯周病は知らないうちに進行していき、ほおっておくと歯ぐきから膿がでたり、痛んだり、歯がぐらぐらになったりして、最後には自然に抜けてしまう病気です。


歯周病の原因は?

歯周病の原因はプラーク(歯垢)です。


プラークは食べ物のカスではなく歯周病菌やむし歯菌をはじめとする微生物のかたまりです。


その他にも、かみ合わせや生活習慣などのリスクファクターが関係します。
歯周病を予防するには口の中を清潔に保つことが第一です。


特に遺伝的因子も関与しているといわれている破壊進行性歯周炎(旧若年性歯周炎)は、10代、20代で発症して、30代ではもう歯がぐらぐらしてくる怖い病気なので出きる限り早い治療が必要です。


歯周病は治るの?

歯周検査(基本検査と精密検査があります)

どれぐらい歯周病が進行しているかを歯周ポケットの数値にて診査します。

 

 

ブラッシング指導

まずは歯周病の直接原因であるプラークを取り除きます。歯間ブラシの説明なども行います

 

 

スケーリング

歯ぐきより上の部分の歯石を簡単に取り除き、ブラッシングしやすい環境を整えます

 

 

スケーリング・ルートプレーニング

歯と歯ぐきの境目(歯周ポケット)に入りこんだ、ばい菌や、ばい菌が固まった緑下歯石を専用の器具で取り除きます
お口の中、全体で6回ほどかかります

 

 

歯周検査(再評価)

ブラッシング、スケーリング(歯石取り)、ルートプレーニング(根面滑沢化)を行った後、最初に行った検査数値がどのように変化したかを再評価することにより、歯周病がどのように改善したかの再評価を行います。

 

 

定期検診

歯周病はお口の中の常在菌(元々、住んでいる菌)の一部による感染症ですので再発しやすい病気です。健康を維持するためには毎日のブラッシングと専門的なケアが必要です。

 

 

歯周外科処置

重度に進行した歯周病では、これらの治療でも十分治りきらない部位が出てきます。その部位のみを外科的に治療します。

 

 

定期検診へ

 

無料メール相談

※成田市地区の周辺地域の医療に貢献するのが一般開業医ですので、恐れ入りますが、県外等、周辺地域以外の方のご相談はご遠慮下さいませ。

 

※メールの返信は、医院のPCから送信しますので返信先が、携帯、スマホのアドレスの方は迷惑メール設定の為、受信が出来ない場合が多くなって来ています。携帯アドレスしか持ってない方は、電話番号をお間違えの無い様に入力お願い致します。

 

お名前(空欄可):
性別: 女性  男性
年齢:
メールアドレス: ※必須
電話番号:
ご相談内容:
(ご相談内容をお知らせ下さい)
※必須
ホームページ公開:
(ご相談内容をホームページでご紹介しても構わないですか?)
構わない

 

 

 

成田市 歯医者のそらクリニック LINE@公式アカウント
LINE@公式アカウント

 

以前のブログはこちらから