2018年02月27日
MFTセミナー 第2回目

セミナーで影響を受けた言葉・文章

  • 簡単にできてしまう患者さんもいれば、全然できない患者さんもいるので、基本的な流れのトレーニングをしていく中で、患者さんに合ったトレーニングを追加していく。
  • 楽しみながトレーニングを一緒にしていく。

セミナーで得た学び、気づき

  • お子さんであっても、患者さん本人と2人のみで話し合いをする。
    (子供の場合は、後で保護者にお伝えする)
  • MFTは面倒くさいものと考えず、患者さん自身が楽しみながらできるようなサポートや声かけを
    していく。
  • 指しゃぶりがあるお子さんの場合、保護者には家庭では叱りすぎないように(お子さんを責めないように)指導する。

(例)絵付きのカットバンなどを貼ったりしてお子さんも無理やりではなく自分から指しゃぶりしないような工夫を考えてあげる。

セミナーを受けてこれから実践すること

  • 教えるスタッフが見本を見せられないと患者さんに上手く伝わらないので自分自身もトレーニングをしていく。(できている場合とできていない場合の両方のパターンができると便利)
  • MFTセミナーの実践で学んだことを活かせるように、そらクリニックでもできることをピックアップして、方向性を話し合う。

セミナー参加

 

 

 

成田市 歯医者のそらクリニック
LINE@公式アカウント

 

以前のブログはこちらから