2016年09月20日
新人スタッフ育成塾②

今回は、新人スタッフ育成塾第二回に参加してきました。
第一回では、仕事観についてなどを学び、第二回ではコミュニケーションの取り方、モチベーションの上げ方、維持方法などを学びました。
入社して約4か月が過ぎ、伝えたい事をうまく伝えられなかったりなかなか患者様とコミュニケーションを取れない、自身の感情のコントロールからのモチベーションの維持に悩んでいたので今回講師の先生のお話を聞いて気づいたことがあります。

まず、コミュニケーションを取るためにはまず自分が相手に興味・関心を持つことです。
私は、何か話さなくてはと思うばかりで患者様がどのような方でどういった背景があるのかまで全く考えることができていなかったのです。そして、コミュニケーションしやすい方法が3つあると教わりました。
① クロスオーバーミラーリング・・・さりげなく相手のしぐさを真似る
   →私のこと理解してるなあと思ってもらえる
② ペーシング・・・話し方や身振りなど相手のテンポに合わせる、感情の起伏を合わせる
 →相手の言い方や起伏に合わせることで伝わっている安心感を与える
③ バックトラッキング・・・日本語で「オウム返し」
 →相手の感情、話の内容の事実、話の要約をする
今までの私は完全に自分のテンポになっていてコミュニケーションを取るより話しかけることが目的となっていたんだと思いました。

また、ポジティブな発言をすることによって自分の心に余裕もでき、感情もコントロールしやすくなるそうです。

「辛」いことも一歩進めば「幸」せになる。

今回のセミナーでとても心に残っている言葉です。
今までの私がしてこなかったことをしているので今はまだ大変で慣れないことをしている日々なので多少辛いのは当たり前であって、今感じている痛みは成長するための成長痛。必ず幸せなことがある、と信じて日々努力していこうと思いました。

セミナー参加

 

 

 

成田市 歯医者のそらクリニック
LINE@公式アカウント

 

以前のブログはこちらから